漢方について

 
千五百年以上にわたる歴史のなかで、日本の気候風土、日本人の気質体質に適合するように深化発展してきました。
 漢方では「
」「」「」のバランスを重視し、それらの乱れに対して多くの経験から様々な処方が創り出され使用されてきました。
 現代はストレス社会といわれていますが、漢方的には「
」の異常ということになります。疲労・倦怠、不眠、集中できないなどの症状に対して、当院では、気の流れを整える気剤といわれる漢方薬に加えて、薬剤の「ツボ注入」により「気」の調和を図ります。
」の流れが悪くなると、更年期障害、生理痛、肩こり、冷え、ほてり、便秘、いらいら、腰痛、目の疲れ、肌荒れ、シミ、イボ、ニキビ、慢性皮膚疾患、痔疾などが起こります。
」の滞りでは、めまい、むくみ、頭痛、耳鳴、関節の腫れや痛み、花粉症などが起こります。
 また漢方は高血圧、高脂血症、糖尿病、肝臓病、心臓病、慢性肺疾患などの一般的な病気に効果があるだけではなく、秦の始皇帝の時代から、不老長寿(アンチエイジング)や滋養強精、美容(ダイエット、美肌、シミ)など、生活の質を高めるために積極的に利用されてきました。

(健康保険適用)

漢方 専門
クリニック
診療所 病院
福岡 早良

ⓒ漢方専門医 元気の出る診療所 香林堂クリニック
  福岡市早良区荒江2-9-24  092-852-7633

医院 病院