漢方 専門
クリニック
診療所 病院
福岡 早良

漢方薬の安全性

 西洋医学では、世界的な製薬会社が莫大な費用をかけて、よく効く薬を求めて新薬の開発競争に日夜しのぎを削っています。
 一般に副作用が少ないとされている漢方の場合はどうでしょうか?

 自然食品の宣伝などで「天然成分だから安心です」というようなフレーズがよくありますが、天然成分にも、少量で致死的なものから、少量なら大丈夫でも大量あるいは長期間摂取すると健康被害を起こすものはたくさんあります。漢方に副作用が少ないのは決して天然成分を用いるからだけではなく、漢方独特の理念によっているのです。
 
「神農本草経」は約2千年前にかかれた最古の薬学書ですが、作用と副作用から薬物を3段階に分類しております。

「下品」:病気を治療するための薬。
・・・・・・・病気の積極的な治療に用いるが、毒性 が強く、長く服用してはいけない。

「中品」:病気の進行を阻止し、弱った体を補うのに用いる薬。
・・・・・・・有毒なものと無毒なものがあり、うまく加減して用いる。

「上品」:命を養う薬。
・・・・・・・多量または長期にわたって服用しても人体に害はない。不老長生を願うものが用いる。

 この考え方からすると、西洋医学で求められているよく効く薬は「下品」ということになります。一方、漢方では治療効果よりも副作用が出ないことのほうが薬としてより大切であるとされてきたわけです。何千年にもわたってこういった観点から薬を取捨選択してきたからこそ、漢方薬は安全性が高いのです。

ⓒ漢方専門医 元気の出る診療所 香林堂クリニック
  福岡市早良区荒江2-9-24  092-852-7633

医院 病院